宮本製作所

ロボット×職人による次世代型モノづくり企業

株式会社宮本製作所は、創業以来、切削加工をメインに自動車部品や産業用ポンプ部品等の加工を行ってきました。

最近では、お客様の製品開発スピードの加速・国際市場における競争激化に伴い、要求レベルも上がってきています。当社としては、ロボット×職人技によるモノづくりを実現し、さらに高いレベルでの技術提供を目指していきます。

焼結金属加工事業

焼結金属というのは、“硬さ”、“難削材”という面で特長を持つ材質で、産業機械の駆動部分には欠かすことのできない材質となります。

当社では、その焼結金属をミクロン単位の高精度で加工を行うことができ、某大手自動車メーカーなどの製品に使われる部品として月数万ロットを収めています。

再研磨事業

再研磨事業では、お客様が加工を行う際に使用された“工具”を磨き、再生利用ができるようにしていきます。この再研磨事業では、再利用はもちろん、以前よりも“より削りやすく”、“加工時間を短縮できる”など付加価値を提供し、全国各地からお仕事をいただいています。

ポンプ組立事業

日本産業の根幹はものづくりにあります。そのものづくりを支えるのが動力源となるポンプです。人が活動する上では、エネルギーは必須であり、そのエネルギーを動力に変換させることが必須となります。

当社では、その中でも産業用ポンプの製造・組立を行い、多くのユーザーに提供しています。

採用情報

宮本製作所の採用情報を掲載しています。採用情報には、当社で働く先輩社員や、募集職種の紹介をしています。製造業における魅力はその安定性と永続性にあります。さらに製造業では仕事を通して、技術を身に着けることができ、市場において価値ある人材となることができます。当社ならでは特徴も紹介しています。